セルライトエステ体験内容で徹底比較

セルライトエステを受けるならどこがオススメ?大満足サロンを徹底調査

お尻&太ももにお悩みを抱えていた人生と決別して、
女としての自信をつけるために、セルライトエステを受けることを決意した私、
アイ(27歳独身)の体験エステはしご日記を公開。

体験コースの満足度で徹底比較

本当にスリムになれるセルライトエステ厳選サロンをチェック!

セルライト専門コース 体験料金一覧

セルライトと水分補給の関係

ここでは、水分摂取によるセルライト解消法の効果を調べました。

セルライト解消法に水分摂取は有効か

セルライトに水分摂取は有効か、その答えは△です。

「水をたくさん飲むと痩せる」という情報を耳にしたことがある人も多いでしょう。ですが、水をたくさん飲んだとしても、直接セルライトを流すわけではありません。しかも、水を必要以上に飲むとむくみを引き起こしたりするため、飲みすぎるのもNG。

セルライトを解消するためには新陳代謝を上げることが非常に大切なのですが、水分摂取と新陳代謝には大きな関係がありますので完全に無関係とも言いきれません。ですから、正しい水分補給の方法を把握しておくことが大切です。

体内水分量や役割

個人差はありますが、人間の体は50〜70%が水分で、体の構成成分としては最も大きな割合を占めます。体内の水分は酸素や栄養分を細胞に届けるとともに、「老廃物」と呼ばれている体内のゴミを尿や汗として排泄する役割があります。

水分が不足すると…

暑い季節やスポーツを行ったときには、体内の水分量が不足してしまいがち。ちなみに体内の水分が2%以上失われると基礎代謝が落ちてしまいます。この状態では栄養や酸素が十分に運ばれないため、カロリー消費が効率的にされません。

しかも基礎代謝が低下すると老廃物の排出もうまくできなくなり、徐々に体内に溜まっていきます。老廃物の主な成分はアンモニア・尿素・尿酸など。汗をかいたり排泄することで体の外に出されますが、老廃物が溜まると、むくみやセルライトができる原因になったり、肌のトラブルも起きやすくなります。

また体内にある水分量の5%が失われると、脱水症状や熱中症といった症状が出てくると言われています。近年は特に熱中症で緊急搬送される人が増えてきたこともあり、外出時の水分補給には気をつけている人も多くなってきましたが、部屋の中にいても脱水症状が起こることがあります。

このように水分不足の状態は、美容面でも健康面でも私たちの体に大きな影響を与えてしまいます。

正しい水分摂取で新陳代謝アップ

基礎代謝を上げるためには水分補給も重要なことの1つです。これは正しい水分補給をすることで血流が良くなると、細胞に栄養や酸素がスムーズに運ぶことができるようになるから。結果として新陳代謝が上がっていきます。

新陳代謝が上がるメリット

では、ここからは新陳代謝が上がるとどのような良いこと起こるのか考えてみましょう。さまざまなメリットがあります。

便秘が解消される

腸は栄養の約80%を吸収する臓器。その腸が栄養吸収を阻害される状況になると、体にとって良い成分を摂取しても効率的に体内に吸収できなくなってしまいます。

吸収を阻害する一番の理由は、腸の中に溜まった便。便は80%が水分で、残りの20%のうち、食べカスや腸内細菌、剥がれた腸粘膜が1/3ずつとなっています。

また、体内の毒素は75%が便から排出されると言われていますので、便秘になると体に良くないことがわかりますよね。

便を排出するのに必要なのは食物繊維と水の2つ。現代の日本人の便秘は水分不足が原因の場合も多いため、正しい水分摂取を心がけるだけで便秘が改善される場合が多いようです。

血液がサラサラに

水は血液という形で身体中を巡り、栄養素を身体中に届けながら老廃物を運ぶ役割がありますが、血液中の水が減ってしまうと「ドロドロ血」と呼ばれる状態に。ドロドロ血の状態は、脳梗塞などさまざまなリスクを高めてしまいますが、水分補給を適切に行うことにより、血液中の水分を増やして血液をサラサラにできると言われています。

老廃物が排出される

体の中にある老廃物は、血液に乗って汗や尿という形で体外に排出されます。水をきちんと摂取すると血液の流れが良くなりますので、老廃物の排出もスムーズになります。

体内にある毒素のうち20%は尿から排出されると言われていますが、尿は血液中のアンモニアやマグネシウム、カリウムといった老廃物を排出してくれます。これらの老廃物がたまるとむくみとなり、いずれセルライトの原因となりますので、水分をきちんと摂って体内の老廃物を排出することが大切です。

汗をきちんとかけるようになる

基礎代謝が良くなると、汗をきちんとかけるようになるのも大きなメリット。なぜ良いかというと、汗でしか排出されない老廃物もあるから。ちなみに、体内の毒素のうち3%が汗から排出されると言われています。水を多く飲むことで代謝が上がると、自然と汗が出るようになり、老廃物もきちんと排出されるようになります。

冷え性の改善

基礎代謝が良くなると、血液の流れも良くなりますので、体の隅々まで血液や栄養が行き届くようになります。すると体温も上がり、冷え性などの改善も期待できます。

正しい水分の摂り方を知っておこう

水分を摂る際には、気をつけておきたいいくつかのポイントがあります。例えば摂取する量や飲み方、タイミングなどをご紹介しますので、正しい水分の摂り方を覚えておくようにしてくださいね。

適切な水分量

1日に必要な水分量は、「体重×0.4%」が適正とされています。たとえは、体重が50㎏の人であれば2ℓ。食事でも水分は摂取できるので、その分を考えると1日あたり1.5ℓが適正と考えて良いでしょう。

摂取のポイント

水分はむやみやたらに摂取すれば良いわけではありません。ポイントをおさえて効率の良い水分補給を行いましょう。

  • こまめな摂取

例えば1日の適正水分量が1.5ℓだとしても、一気にたくさんの水分を摂取するのはNGです。1回に飲む上限の水分量はコップ1杯程度の200〜250ccが目安。一度にたくさんの水分が入ってくると、うまく吸収することができず体に負担をかけてしまうので、こまめに摂取するように心がけてください。

  • 意識的に飲む

喉の渇きを感じた時点では、すでに体が水分不足の状態になっていると考えられます。ですから、喉の渇きを感じる前に意識的に水分を摂るようにすることが必要です。

  • 運動した後は、翌日も積極的に摂取

運動前後に加え、翌日も体の中の水分量が減少している状態になりがちなので、いつもより気にかけて水分の補給を行いましょう。

どんな飲み物を飲んだらいいの?

理想は水もしくはお茶を飲むこと。水を意識的に摂取するなら、軟水よりもミネラルやカリウムが含まれている硬水がおすすめ。

飲み物の種類によっては、せっかく飲んでも水分補給にならないものがあります。

それは「カフェインが含まれているもの」。例えばコーヒーなどを飲んだ場合、一度は体内に吸収されますが、コーヒーに含まれているカフェインの利尿作用により体の外に排出される水分も多くなってしまいます。お茶を摂るにしてもカフェインが少なめのものをなるべく選ぶようにすると良いでしょう。

また、甘い飲み物は飲みすぎると糖分の摂りすぎとなりますのでほどほどに。

水分摂取のタイミング

水分を摂るには理想的なタイミングがあると言われています。下記のタイミングで水分を口にするよう心がけてみてくださいね。

  • 起床時

あまり普段意識しないところですが、寝ている最中にも汗をたくさんかいています。起床直後は、体内の水分が足りないタイミングなので、水分補給を行ってください。

  • 食事前

食前に飲むことで食べる量を抑えられます。ダイエットを意識している人にはオススメのタイミング。

  • 運動前後

運動中にはたくさんの水分が失われてしまうので渇きを感じる前に十分に摂取しましょう。可能であれば運動中にも水分を摂って下さいね。また、上でも説明していますが、激しい運動をした次の日もこまめに水分を補給するようにしましょう。

  • 入浴前後

お風呂に入るとたくさんの水分が失われますので、このタイミングでの水分補給も大切。コップ1杯の水を習慣にしてください。

  • 就寝前

寝ている間の発汗などのために水分量が足りなくなるのを防ぐことから必要です。ただし、寝る直前に摂取するとむくみの原因になる可能性があるので、就寝前30分くらいのタイミングで摂取するのが理想的です。

水分摂取が苦手な人は…

食事の時にお茶を飲む習慣がない、ペットボトルを1日に1本も飲みきれないなど、水分を摂るのが苦手な人もいるでしょう。

そんな人は、まず自分の好みの飲み物を探してみましょう。中には水そのものが苦手な人もいるようですので、さまざまなお茶を試してみるのがおすすめ。そして、何より「水分を摂る」という意識を常に持つことが重要です。

例えばペットボトルの100㎖ごとに印をつけて、1時間に1つの目盛ごとに飲むという意識をしながら生活する、トイレに行った後は必ず水分を補給するなど自分なりのルールを決めると、意外と簡単に水分の摂取量を増やすことができるようです。

水太りについて

水分補給は大切なことはわかったけれど、水太りするから…と控えてしまう人もいますよね。ここでは、水太りとはどんなものなのか見ていきましょう。

水太りとは?

水太りとは、体内の循環が悪いことでむくみと同じ症状があらわれるもの。本来リンパ管や血液を通じて排出される老廃物が、新陳代謝が悪いことで体内に残ってしまっている状態です。皮膚を押したときに跡がついてなかなか元に戻らなかったり、夕方になると脚全体が重く感じたり、体がだるく感じることもあります。

水太りの原因は?

水太りの原因は、体内の水分の排出がうまくいっていないこと。つまり新陳代謝が悪くなっている状態が水太りを引き起こします。いわゆる「むくみやすい」状態が水太りを引き起こすと考えてください。

水太りを解消するには

水太りの状態を解消するには、血液やリンパの流れを良好にして、余分な水分や老廃物の排出を促すことが必要。つまり、新陳代謝を上げることがカギ。運動をしたりリンパマッサージをすることで代謝は上がっていきますので、少しずつ取り組んでいきましょう。

また、水分不足の時には逆に体が水分を溜め込もうとしてむくみが起こることも。水分をきちんと摂取することでむくみが解消される場合があります。「水の飲み方」のところでも紹介したように短時間で2〜3ℓ飲むと危険ですが、1時間に100ccくらいの飲み方なら全く問題ありませんので、こまめに水分を補給することも水太りを防ぐのに必要なことです。加えて、夏場や運動の際にはナトリウムの補給も行ってくださいね。

水分の過剰摂取で起こる水中毒

水分は適切な摂取量がありますから、飲めば飲むほど良い、というものではありません。水の過剰摂取は「水中毒」と呼ばれる状態を引き起こすことがあります。 水中毒は「低ナトリウム血症」とも呼ばれるもの。水分を過剰摂取することで血液中の塩分濃度が低下してめまいや頭痛、多尿や下痢などの症状を引き起こします。重症化すると錯乱や呼吸困難を引き起こし、最悪の場合死に至ることも。 水分は少なすぎても多すぎても良くありません。適切な量の摂取を心がけることがとても大切です。

このページ作成にあたり参考にしたサイト・文献・脚注

コンテンツ一覧
TOP