セルライトエステ体験内容で徹底比較

セルライトエステを受けるならどこがオススメ?大満足サロンを徹底調査

お尻&太ももにお悩みを抱えていた人生と決別して、
女としての自信をつけるために、セルライトエステを受けることを決意した私、
アイ(27歳独身)の体験エステはしご日記を公開。

体験コースの満足度で徹底比較

本当にスリムになれるセルライトエステ厳選サロンをチェック!

セルライト専門コース 体験料金一覧

食事制限は有効?

ここでは、食事制限ダイエットがセルライトにもたらす影響を調べました。

食事制限ダイエットはセルライトに有効?

セルライトに食事制限は有効か、その答えは△です。

なぜなら、セルライトとは単純に摂取カロリーを減らしたりすることで減少する皮下脂肪とは異なるものであるから。すでに体についてしまっているセルライトを排出させるには、食事制限だけでは対応できません。ただし、全く食事に気を使わずにセルライトを減らすのは非常に難しいのも事実です。

できてしまったセルライトを減らすためには「むくみ」や「冷え」の解消がカギ。ですから、このような作用のある食品を取り入れてセルライトを減らせる体を作っていくことが重要です。そして食生活に偏りがある人は、その食事がセルライトの原因になっているかも。食事制限というよりは、バランスの良い食生活が大事だと言えそうです。

こんな人はセルライトができやすいかも!

セルライトができやすくなる要因はいくつか挙げられますが、その中のひとつに「脂肪になりやすい食べ物が好きな人」が挙げられます。それは、脂肪になりやすいものには添加物なども多いため。そのほかには具体的にどんな食べ物が該当するのか見ていきましょう。

味の濃いものが好き

味の濃いものとは、いわゆる塩分濃度が高いもの。味の濃いものを食べると喉が乾きますよね?このとき体はナトリウムの濃度を下げるべく水分を必要としている状態。塩分を摂取するほどに水分が体に蓄えられてしまうためむくみが起こり、血流が悪くなって老廃物がたまり、結果としてセルライトがつきやすくなります。

脂っこいものが好き

脂っこい食べ物ばかり食べているとカロリーの摂り過ぎ=肥満の原因になるだけではなく、血中のコレステロールが増えて血行が悪くなり、セルライトを増やす原因となります。特にスナック菓子やインスタント食品を多く食べる人は要注意。ファストフード店によく通う人も、食生活の見直しが必要ですね。いつの間にかセルライトが増えてしまっているかもしれませんよ。

甘いものが好き

糖分は体を冷やす成分です。体が冷えると血流が滞ってしまい、むくみを発生させますが、冷えた体は筋肉まで硬直させてしまうのでどんどん皮下脂肪が溜まっていってしまい、セルライトを増加させる原因に。毎日決まった時間にお菓子タイムを設けている人は1日おきにするなど、少しずつ甘いものをお休みする日を作ってみても良いかもしれませんね。

同様に、カフェインを含んだ食べ物や飲み物をたくさん摂りすぎても体を冷やす原因となりますので、ほどほどに摂取したいものです。特に毎日コーヒーを何杯も飲んでいる人は、そのうちの何杯かはほかの飲み物にするなど工夫してみてください。

アルコールが好き

アルコールは脂肪のように直接セルライトに繋がるわけではありませんが、血管を収縮させる働きがあります。適量を摂取するならストレスの解消につながる場合もあるため悪い点ばかりではないものの、アルコールの過剰な摂取は体にとっても良くありません。

そしてアルコールには利尿作用があるために体内の水分が不足しがちになります。飲み会の席ではトイレが近くなる人も多いですよね。このような状態になると、これ以上体の水分が減らないように水分を溜め込んでしまうのですが、この水分がむくみを引き起こして血液などの流れが悪化し、セルライトに繋がってしまいます。

セルライト解消に効果的な栄養素の働き

セルライトの解消を助けてくれる栄養素はさまざまありますが、主に血液をサラサラにしてくれたり、体内の余分な水分を排出してむくみを解消してくれるような栄養素を摂取していきたいものです。代表的なものを紹介します。

カリウム

カリウムは体内の水分量を調節し、余分な水分を排出してくれるミネラルの一種。セルライトの原因となる冷え性やむくみに効果的なので、カリウムを含む食品を積極的に摂るように心がけましょう。カリウムを多く含む食材としては、例えば下記のものがあります。

  • 海藻類(わかめやひじきなど)
  • 大豆製品
  • きゅうり
  • アボカド
  • 枝豆
  • 切り干し大根
  • ホウレンソウ
  • バナナ

カリウムは水分の代謝を良くするほか、ナトリウム(塩分)の排出も促してくれます。塩分を摂取しすぎるとむくみが起こってしまうため、カリウムを摂取して排出させることでセルライトが発生しやすい状態になるのを防げます。

ビタミン

ビタミンは基礎代謝を上げてくれる酵素をサポートする働きがあります。基礎代謝を上げてくれるのは、主にビタミンB群。下記の8つをまとめてビタミンB群と呼びます。

ビタミンB1/ビタミンB2/ビタミンB6/ビタミンB12/ナイアシン/パントテン酸/ビオチン/葉酸

基礎代謝を上げると、エネルギーを消費しやすい体になるので痩せやすくなりますよね。逆に酵素が不足すると基礎代謝が落ちるだけでなく、血液やリンパの流れが滞るためにセルライトが増えてしまいます。 ですからビタミンB群を積極的に摂取して酵素を増やし、代謝を上げると老廃物が排出され、セルライトを減らせます。ビタミンB群を多く含む食品としては下記のようなものが挙げられます。

  • 胚芽米
  • 玄米
  • 豚肉
  • レバー
  • うなぎ
  • 納豆
  • バナナ
  • ナッツ

たんぱく質

良質のたんぱく質は代謝をアップさせてむくみや血行を良くする働きを持っていますが、逆にたんぱく質が不足するとむくみが生じて血行が悪くなり、セルライトを増やしてしまいます。

さらにたんぱく質は消化される過程でアミノ酸になるのですが、アミノ酸は体の筋肉や血液、骨などのタンパク質の再生を助けてくれる働きがあります。また、体が最も修復される時間帯は睡眠中。ですから夕食にタンパク質を摂るのがおすすめ。良質のたんぱく質を多く含む食品の例は下記の通り。

  • 大豆製品(豆腐、納豆、味噌、豆乳など)
  • 牛乳
  • 牛肉(赤身の多い部位)
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 白身魚

鉄分

鉄分が不足すると、貧血を引き起こすだけではなく代謝も悪くなるため、毎日の食事でしっかりと補いたい成分。血液の中で酸素を運搬するヘモグロビンが減ってしまったり、赤血球自体が減ってしまうと全身に十分な酸素が行き渡らなくなり、基礎代謝が減少してしまうのです。鉄分を多く含む食品の例は下記の通りです。

  • レバー
  • あさり
  • ホタテ
  • 牡蠣
  • 赤身肉(牛肉、羊肉)
  • プルーン

今日からできる食習慣の改善ポイント

セルライトを減らしたいと思ったとき、まずはこれまでの食習慣を見直す必要があります。体を温める食事をすることが基本となりますが、まず自分が取り入れやすいと思ったところから始めていきましょう。すぐに体質が変わるものではありませんから、のんびりとかまえて取り組んでくださいね。

3食きちんと食べる

セルライト排出を目的にしているかどうかは置いておいても、「3食きちんと食事をする」ことは健康的な体を作る基本。食べすぎてしまってはさらにセルライトが増えてしまう原因となりますが、食事を抜くことはさらに良くありません。食事を抜くと後からドカ食いをしてしまうリスクも考えられます。

バランスの良い食事を続けていけば代謝をアップさせられますので、しっかりと食事をするように心がけてくださいね。いつも朝食を抜いてしまっている人も、味噌汁だけ、果物だけでも良いのでなるべく何かを口にするようにしてください。もちろん塩分や甘いもの、脂っこいものなどに注意をしましょう。

食べ物や飲み物は温かいものを選ぶ

体が冷えると、セルライトがつきやすい状態になってしまいますから、体の内側から温める癖をつけておきたいもの。そのために、食べ物や飲み物は温かいものを選ぶのがおすすめ。指や足先が冷えている人はなおさら温かいものを選ぶ癖をつけてください。

特に暑い夏は、氷の入った冷たい飲み物が欲しくなってしまいますが、体のことを考えると少し控えたいですね。常温のものを飲むのが理想的ですが、飲むのが辛ければ氷抜きで、とオーダーすると体の冷えをだいぶ防げるでしょう。

体を温めてくれる野菜を食べる

毎日の食事で必ずと言っていいほど野菜を摂取しますよね。そのときには体を温めてくれる作用のある野菜を取り入れるようにしましょう。例えば大根やレンコン、ゴボウ、ネギ、ニラなど。わかりやすい見分け方としてはまず「寒い季節に育つ野菜」と「地中で育育つ野菜」。逆に夏に旬を迎える野菜や地上で育つもの、例えばトマトやきゅうりなどは体を冷やす働きを持っています。

自分なりに体を温める野菜・体を冷やす野菜の見分け方を覚えておくと、食材を選ぶときにとても有効です。

薬味を使った料理を

ショウガや山椒など、これらの薬味を食べると体を内側から温めてくれます。例えばショウガの場合、ショウガに含まれるジンゲロールと呼ばれる成分を加熱することでショウガオールという成分に変わるのですが、血行促進や代謝を挙げてくれる働きなどがあると言われています。味噌汁や紅茶などの飲み物に入れるだけで簡単に取り入れられます。他には、唐辛子もおすすめ。カプサイシンが消化器系を温めて血流を促してくれます。

発酵食品を食事に取り入れて

日本人の食生活に身近な醤油や味噌といった発酵食品には体の代謝を良くしてくれる酵素が含まれており、血液をサラサラにして体を温めてくれます。味噌汁などでいつも口にしている人も多いはず。例えば味噌汁に、さらに体を温めるネギをたっぷり入れるなど、さまざまな工夫ができそうですよね。

食べる順序にも気をつけよう

食生活によってセルライトを減少させたいと考えたとき、「何を食べるか」はもちろんなのですが、加えて「どんな順序で食べるか」も大切な要素です。覚えておきたいのは、「消化しやすいものから口にする」こと。理想的な食事の順番は下記の通りです。

  1. 飲み物
  2. サラダや果物
  3. たんぱく質
  4. 炭水化物

血糖値が急激に上がると脂肪に変わりやすいとも言われていますので、食事の最初の方に先に野菜などを食べるように心がけて急激な血糖値の上昇を起こさないように心がける事も大切です。

水分もしっかり摂ること!

セルライトを改善するためには、実は水分も必要不可欠。

むくみがセルライトの原因になるために水分を控えたいと思う人もいるようですが、水分不足になると体内の循環が上手くいかなくなってしまうために逆にむくみを引き起こすこともあります。

1日に2〜3リットルの水が必要と言われてはいますが、短時間でこの量を飲むのは危険です。ですから、1時間に100ccくらいの量を飲むように心がけましょう。正しく水分を摂ることができれば新陳代謝も上がり、体のめぐりもよくなりますからセルライトの排出にも一役買ってくれます。ただし、暑い時期やスポーツなどで汗をたくさんかく場合はナトリウムの補給も忘れずに。

また、水太りを気にする人もいますが、この水太りとは慢性化したむくみ。新陳代謝が悪くなった場合に起こりますので、きちんと水分を摂って体内の巡りをアップさせることで予防できます。ですから、水分摂取も体にはとても大切だということも覚えておきましょう。

水分の摂り方についてはこちらのページで詳しく解説しています。

コンテンツ一覧
TOP