セルライトエステ体験内容で徹底比較

セルライトエステを受けるならどこがオススメ?大満足サロンを徹底調査

お尻&太ももにお悩みを抱えていた人生と決別して、
女としての自信をつけるために、セルライトエステを受けることを決意した私、
アイ(27歳独身)の体験エステはしご日記を公開。

体験コースの満足度で徹底比較

本当にスリムになれるセルライトエステ厳選サロンをチェック!

セルライト専門コース 体験料金一覧

入浴は有効?

ここでは、セルライトを改善する入浴方法を調べました。

入浴でセルライトを減らすことができる!

セルライトに入浴は有効か、その答えは○です。

セルライトができる部分は、血液やリンパ液の流れが悪く、むくんで冷えていることが多く見られます。入浴で身体をしっかりと温めることは、血行を促進するため、セルライトの原因となっているむくみや冷えをなくすことができます。

なによりも、入浴は毎日の生活の中で、リラックスできる特別な時間です。

ゆったりと身体を温めることができる半身浴は、心臓への負担が少ないうえに発汗作用がしっかり得ることができるので、セルライトに悩む方をはじめ、ダイエットやストレス解消にも効果的だと言えます。

セルライト解消には、固くなってしまった脂肪を柔らかくする必要があります。セルライトのマッサージを行う場合、入浴後がおすすめされるのは、脂肪が温まって柔らかくなっているからです。

セルライトを解消する、おすすめの入浴法

ぬるめのお風呂に15分程度

まず、湯船の温度が大切。熱すぎるお湯に長時間入るのはあまり良くありません。一般的に42〜43度がちょうど良い温度と言われていますが、長時間入るとのぼせてしまいます。

長い時間入浴する際に理想的なのはぬるめのお湯をはった湯船に15分程度入ること。じんわり汗をかくくらい、だいたい40度くらいまでの温度を目安にすると良いでしょう。ぬるいと感じたら差し湯しながらゆっくりと浸かるのがポイントです。

半身浴が効果的

疲れるから湯船に浸かるのが苦手、という人にもおすすめなのは半身浴です。

半身浴は体にかかる負担が軽く済む上に、毎日繰り返すことで血液の流れを促進してくれるのでむくみの解消、基礎代謝のアップが期待できます

浴槽にお湯を適量ためて入浴する方法ですが、お腹から握りこぶし1個分くらい上のところまでお湯に浸かるくらいが目安。下半身をお湯で温めるイメージです。肩が寒いと感じる人は、乾いたタオルを肩にかけておくと冷えを防げます。

アロマオイルで一工夫もおすすめ

自分が好きな香りに包まれると、リラックス効果を感じられますよね。ですから、お風呂にお気に入りのアロマオイルを入れるのも良いでしょう。ストレスを軽減するのも代謝アップに大切な要素。

アロマオイルをお風呂に入れるときは、直接湯船に垂らすのではなく、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルに精油を混ぜる方法や、天然塩に精油を混ぜてから浴槽に入れるという方法を取りましょう。

もしくはガラスの器にお湯を入れてそこに精油を垂らせば、浴室にアロマの香りが広がります。

お風呂の中でできるセルライトケア

セルライトの撃退に効果的なのは、温めて刺激を与えること。お風呂は全身を温められますので、毎日の習慣にしてしまえばセルライトを徐々に落とせると考えられます。そのために、お風呂の中で行いたいマッサージやストレッチをご紹介します。

湯船の中で集中マッサージ

お風呂に浸かって体が温まると、セルライトが柔らかい状態になっています。このタイミングでセルライトがついてしまった部分を少し強めの力でひたすらマッサージしていきます。

下半身全体のマッサージは足の裏からはじめて、ふくらはぎや膝の部分をマッサージ。最後に太もものセルライトを潰すようなイメージで揉み上げていきましょう。同様に二の腕やお腹もセルライトが気になる部分を集中的に揉みほぐします。ペースは1日おきくらいが目安です。

スクラブやボディソルトでマッサージ

マッサージの方法は、まず湯船に浸かり、体が温まったら湯船から出て、セルライトが気になる部分にボディスクラブやマッサージソルトを塗ってマッサージをするだけ。このときにもセルライトを潰していくイメージで。ただし、虫刺されや傷、日焼けなど肌に少しでもトラブルがある場合や生理前後で肌がデリケートな時期は肌を痛めてしまう可能性があるので、無理に行わないようにしましょう。

スクラブや塩の粒子によって程良い刺激のマッサージ効果が得られるので、血行促進・代謝アップも期待できますし、お肌もツルツルに。今はさまざまなスクラブやマッサージソルトが販売されていますし、自宅でも塩とキャリアオイル(植物オイル)を混ぜるだけで簡単にマッサージソルトを作ることができます。

湯船の中でストレッチ

湯船のふちを手でつかんで体をひねるだけ。10秒ほどキープしたら反対側も同じように行いましょう。これは、背中とお腹についたセルライトに刺激を与えられます。毎日3セット程度を目安にして続けてみてください。

湯船でエクササイズ

ばた足方法

このばた足方法は、プールの時間に行っていたばた足とは少し違う状態で行います。

  1. 湯船の中で座り足を伸ばした状態が基本の姿勢です。
  2. 腹筋をしっかり使い、太ももの付け根から動かすように足を上げてバタバタします。これを20回行います。

水の抵抗がある分、外で足を動かすよりも筋肉を使うので、セルライトだけじゃなく、むくみや疲労を解消することができます。

※注意※

自宅の湯船が狭い方は足をぶつけないように注意しましょう。壁やお風呂のふちに掴まり体を支えるようにすれば、湯船が狭くてもエクササイズができますよ。

正座方法

この方法は、湯船の中で正座をするだけの簡単なエクササイズです。

  1. 湯船の中で正座をします。
  2. 両方の足・ひざ・かかとをきちんとくっつけてください。お尻はかかとに乗せます。時間は約1分半でOKです!

この方法は足の血の巡りを一時的に悪くすることで、姿勢を戻した時反動によって血の巡りを良くすることを目的としています。

血の巡りが良くなると代謝がアップするので、足痩せの効果が期待できます。

※注意※

正座を崩したときにすぐに立ち上がらず、少しリラックスしてからゆっくり立ち上がるようにしましょう。

避けたい入浴方法

長時間の入浴は避けましょう

お風呂に長い時間入れ入るほどカロリーが消費できるからと、とても長い時間入浴をしていませんか?

長すぎる入浴時間は逆効果となってしまう場合があります。例えば長時間お風呂に入ることにより乾燥肌を引き起こしたり、汗をかきすぎて血液がドロドロになってしまい心筋梗塞のリスクを高めてしまう可能性も。

また、適切な入浴は疲労の回復にも効果的ですが、30分以上湯船に浸かると体力を消耗しすぎてしまいますので、逆効果とも言えます。

42度以上の熱いお湯はNG

熱すぎるお湯は体にとってストレス。緊張・興奮状態になってしまうために血圧が上昇して血管が収縮します。その結果血流が悪くなってしまうために、むくみやセルライトの解消からは程遠くなってしまいます。

シャワー派の人のセルライト対策

毎日シャワーのみで済ませる人も、ぜひ湯船に入る習慣をつけましょう。疲れるから、のぼせやすいなどで湯船が苦手な人は特に、お風呂が楽しくなるような工夫が必要になってきます。例えば、下記の方法などを試してみてはいかがでしょうか。

好きな入浴剤やスクラブ

自分の好きな入浴剤を湯船に入れると、自然と湯船に入りたくなりますよね。例えば体を温める作用のあるもの、お肌をツルツルにしてくれる成分が入っているもの、リラックス効果のある香りのものなど、探してみると本当にたくさんの入浴剤があるので楽しいですよ。

それから、自分で入浴剤を作ってみるのもお風呂タイムを楽しくする良い方法です。

ボディスクラブを使ってみる

とっておきのお肌のお手入れに、ボディスクラブを取り入れてみてはいかがでしょうか。ボディスクラブとは、塩や砂糖などの粒子を使ってマッサージすることでお肌の古い角質を絡め取って除去してくれるもの。マッサージを行うことで血行促進効果も期待できますよ。

お肌に優しいものを使いたいなら、天然由来の成分を使ったスクラブを取り入れてみてくださいね。

防水テレビを使ってみる

「お風呂タイムが退屈」「見たいテレビ番組があるから」と早めにお風呂を切り上げてしまう人におすすめ。今は各メーカーから防水お風呂テレビが発売されています。テレビだけではなくDVDが楽しめるものもありますので、各製品の機能を比較しながら選ぶと良いでしょう。

マッサージ機器を取り入れる

お風呂にゆっくり入っている時間は、疲れが溜まった体をほぐしてあげるのにちょうど良いですよね。ですから、防水仕様のマッサージグッズを取り入れて、体のコリをほぐしてみては。お風呂に入って体温が上がった状態でマッサージをすれば、より血行やリンパの巡りも良くなります。

好きな音楽を流す

音楽を流すのもリラックスタイムにピッタリ。防水のBluetoothスピーカーを取り入れれば、スマートフォンやタブレットに保存した音楽をお風呂でも聞くことができます。吸盤式のスピーカーならお風呂の壁に取り付けて使えますので、さらに便利。

冬場の寒さや温度差の対策法

浴室と脱衣場の温度差は小さく

まずは温度変化を極力小さくしましょう。特に冬場には浴室と脱衣所の温度差を5度以下にするのが理想です。簡単な方法としては、脱衣所に暖房器具を設置すること。窓周りの対策も場合によっては必要かもしれませんね。

湯船に入る前に、まず掛け湯

冷えた体で湯船にいきなり入るのも、急激な温度変化があるので危険。まずは掛け湯をしましょう。足先からお湯をかけていくのがポイント。徐々にお湯の温度に体を慣らしてから、湯船に浸かるようにしてくださいね。

湯船からいきなり立ち上がらない

しばらく湯船に浸かった後に急に立ち上がると立ちくらみを起こす可能性も。特にお風呂は滑りやすいので、転んでケガをしかねません。手すりや浴槽に捕まりながら、ゆっくりと立ち上がることが大切です。

水分を拭き取ってから脱衣所へ

タオルで体を拭くのは脱衣所で、という人もいるかもしれませんが、これは体を冷やしてしまう原因に。脱衣所に移動する前にバスタオルで大まかに体を拭いておくと、浴室より寒い脱衣所に移動しても、熱が奪われるのを防げます。

水分補給をする

水分補給は脱水症状や立ちくらみを防ぐために必要。入浴の前後は基本ですが、入浴中も水分補給をするようにしましょう。コップ1杯程度で大丈夫です。冷たすぎる水よりも、常温の水もしくは白湯が理想的です。

ゆっくりと入浴する習慣をつけよう

入浴は体を温めてくれるので、血行を促進して新陳代謝を上げてくれます。毎日の習慣で新陳代謝がアップできるなら、効果を最大限にできるようにお風呂に入りたいですよね。基本はぬるめのお湯にゆったり浸かること。その基本を抑えた上で、マッサージやストレッチを取り入れてみてください。すぐに結果が出るわけではなく、徐々に効果が現れてきますから、のんびりと取り組むようにしましょう。

コンテンツ一覧
TOP