セルライトエステ体験内容で徹底比較

セルライトエステを受けるならどこがオススメ?大満足サロンを徹底調査

お尻&太ももにお悩みを抱えていた人生と決別して、
女としての自信をつけるために、セルライトエステを受けることを決意した私、
アイ(27歳独身)の体験エステはしご日記を公開。

体験コースの満足度で徹底比較

本当にスリムになれるセルライトエステ厳選サロンをチェック!

セルライト専門コース 体験料金一覧

EMS

ここでは、セルライトエステのマシン「EMS」について解説しています。

EMSとは

EMSの正式名称は「Electronics Muscle Stimulation」。電極が付いたパッドなどを体に貼り付け、電気を使って筋肉を刺激するものです。機械を使った電気の刺激で筋肉を直接刺激し、体を動かさなくても運動しているのと同じ状態にしてくれます。その効果は、なんと30分程度の施術で腹筋600回分相当の筋肉運動になると言われています。

EMSのメカニズム

人が筋肉を動かすためには、脳から神経を通じて「筋肉を動かす」という弱い電気信号が筋肉に伝わることが必要。電気信号が筋肉に伝わると、その筋肉が収縮して体が動きます。

EMSはこのメカニズムを利用したもの。脳からではなく皮膚の表面から電気刺激を与えて筋肉を収縮させることで、運動効果を得るのです。

EMSの施術方法

アプローチしたい部分に電極の付いたパッドを貼り付けて施術を行います。貼り付けるタイプのほかにもお腹に巻く形やグローブ型など、形状はさまざま。施術時間は1か所あたり30分程度の施術が一般的です。

EMSはさまざまな分野で使われていますが、例えば美容目的であればEMSを導入しているエステサロンで受けられます。また、最近では家庭用のEMSも多く販売されているので、筋トレ目的で購入して自宅で行う人も多くなってきています。

長く愛されてきた実力派の機器

EMSは1960年代のヨーロッパが発祥で、さまざまな分野で使用されています。

美容分野

エステの痩身メニューとして用意されていることが多いEMS。筋肉に刺激を与えて鍛えることで基礎代謝をアップさせたり、インナーマッスルを鍛えて、美しいボディラインとリバウンドしにくい体を目指して施術します。また、基礎代謝が上がるために凝り固まったセルライトの除去も期待できます。

EMS単体で受けられるエステもありますが、例えば「キャビテーション」などほかのメニューと組み合わせて施術することで、より高い効果を実感できると言われています。

医療分野

EMSは、もともとリハビリ用として医療機器として利用されており、現在でも医療分野で使用されています。

病気や怪我、高齢など体を動かせない人の筋肉の退化を防止する目的で活用されているほか、EMSによる刺激がダイレクトに神経に作用することで鎮痛効果を得られるとわかっています。そのため急性や慢性の関節痛や神経痛を和らげるための治療や、腰痛や四十肩などの予防にも威力を発揮します。

スポーツ分野

痛みもなくダイナミックな筋肉収縮運動が可能なので、スポーツ障害用の治療やリハビリにも使用されています。これは、トレーニングが難しい部分にも電極を貼り付けるだけで筋肉強化ができるから。ですから、動かせない部位の筋肉強化にも使えますし、インナーマッスルなど普通の筋トレでは鍛えにくい深部の筋肉を鍛えることも可能です。

また、運動の前にウォーミングアップにもEMSは使用されています。弱い出力と温熱で筋肉を温めて軽く筋肉を刺激してから運動をスタートすると、怪我も少なくなります。

EMSの効果

非常に高い運動効果をもたらしてくれるEMSですが、下記のような効果も得られます。

インナーマッスルが鍛えられる

筋肉は速筋と遅筋の2種類に分けられますが、速筋は瞬発力に関わってくる筋肉で、自分で行う筋トレでも比較的鍛えることが容易な筋肉。

対して遅筋とはインナーマッスルとも呼ばれるもので、持久力に関わってくる筋肉です。体の深部にあるためになかなか鍛えるのが難しい部分と言えるのですが、EMSなら深いところまで刺激を与えられるため、鍛えにくい部分であるインナーマッスルの強化もできるのです。

ボディラインが引き締まる

インナーマッスルに働きかけることで得られるメリットとして、ボディバランスの改善が挙げられます。バランスが整うと、引き締まった印象に。インナーマッスルを鍛えることは通常の筋トレでは難しいため、EMSを使用するのがおすすめ。

美しいボディバランスを手に入れたい女性に適した方法と言えますね。

部分痩せもできる

部分的に引き締められるのもEMSの大きなメリット。

人の体は、さまざまな筋肉が複雑に関連して動いているので、普通の筋トレでは一つの部位のみ痩せるように鍛えることは非常に難しいのです。しかし、EMSであれば、引き締めたい部分にピンポイントで刺激を与えられるので、結果的に部分痩せを叶えてくれます。 加えて、部位を選ばず刺激を与えられるのもEMSのメリット。

運動が苦手・体力に自信がない人も使用できる

運動に苦手意識を持っている人は、筋肉を鍛えたいと思っても、運動自体がかなりハードルが高いと言えるでしょう。でも、EMSなら鍛えたい部分にパッドを貼るだけ。ですから、辛くて途中で挫折した…ということもありません。体力に自信がない人にもおすすめですね。

基礎代謝がアップ

筋肉を鍛えることにより、基礎代謝量がアップするのもEMSで得られるメリット。カロリー消費が増えるために痩せやすい体に近づけますし、基礎代謝量がアップすると血行やリンパの流れも良くなります。

セルライトにも働きかける

脂肪細胞のまわりについた老廃物などの塊がセルライト。

セルライトは筋肉運動によって除去できますが、セルライトをなくすためにはたくさん運動をする必要があります。そんなときに威力を発揮するのがEMS。筋肉をつけることにより基礎代謝がアップし、老廃物を排出できるのでセルライトの除去にも効果を発揮してくれるのです。

EMSの考えられるデメリットは

EMSの施術を受ける上では、メリットだけではなくデメリットも頭に入れておきましょう。下記のようなデメリットが考えられます。

強度によっては痛みが出ることも

パッドを体に貼って電気刺激を与えるために、ピリピリした刺激を感じることも少なくありません。ですから、痛みを感じる場合は出力の調整が必要になってきます。そして、敏感肌の人も注意。炎症やかゆみなどを引き起こして肌が赤くなってしまう可能性もあります。

筋肉痛が起こる

過度に筋肉に刺激を与えてしまった場合、筋繊維に負担がかかりすぎて筋肉痛になることがあります。筋肉が作られる上では、筋繊維が損傷して修復するというサイクルの繰り返しが必要なため筋肉痛が起こるのは自然だと言えますが、普段運動しない人の場合はより痛みが強く出てしまい、普段の生活に支障をきたすことがあります。

指定された以外の部位では悪影響が出る可能性

エステなどでEMSの施術を受ける際にはあまり心配する必要はありませんが、家庭用のEMSを使用するときに注意したい部分。市販されているEMSは、使用する部位を想定して作られています。

例えばお腹に貼るタイプは、お腹にある大きな筋肉を刺激するためのもの。ですからお腹用のEMSを二の腕など筋肉が小さい部位に使うと、痛みなど予期しない悪影響が出る可能性があります。

効果を得られるまでに時間が必要

どのようなダイエットでも、即効性はあまりなく、時間をかけて取り組むのが必要ですよね。それはEMSも同様。効果を実感できるまでには何度か施術を受ける必要があります。即効性を求める人には不向きと言えるでしょう。

EMSを安全に使用するためには

非常に効果の高いEMSですが、機器を使用する際には注意点もあります。下記に挙げるような点に気をつけてくださいね。

心臓まわりには行わない

ここまでご紹介してきた通り、EMSは電気による刺激を筋肉に与えるもの。心臓のまわりに行うと、心臓に過度の電気信号が流れてしまうことで心室細動や心停止に繋がる可能性も。ですから、動悸やめまいがある場合は心臓の周辺にEMSによる刺激を与えると危険な場合があります。胸まわりの筋肉を鍛えたい場合には、「心臓のすぐ近くには行わない」「30分未満の使用」「出力は20mA以下」を守って行いましょう。

体調が悪いときには施術を避ける

EMSは、基本的には筋肉に働きかける機器ですが、皮膚や内臓などにも影響が無いとは言い切れません。ですから、トラブルを防ぐためにも不調を感じているときや皮膚に炎症・かゆみがあるときは避けましょう。 また、肌が弱い人は施術前に相談をしてみてくださいね。

EMSを使用してはいけない人

まず、心臓疾患を持つ人は使用できません。妊娠中の人も胎児への影響を避けるためにも施術は避けましょう。産後や授乳中は、念のためかかりつけの医師に相談して、受けても問題ないか確認したほうが無難です。

時間を守る

普段自分で運動するよりも大きな負荷を筋肉に与えることになります。ですから、指定された時間通りの施術が大切。エステなどで受ける場合はスタッフに任せれば問題ありませんが、家庭用の機器を使用する場合には効果を得ようとしたいばかりに長く使ってしまいがち。筋肉痛が強く出てしまうなどのデメリットがありますので指定された時間を守るようにしてください。

効果的なパーツ

EMSは大きな筋肉がある部位を中心に施術をすると効果的。例えば、下記のようなパーツが挙げられます。

まずは、大胸筋という大きな筋肉がある胸。張りのあるバストはこの筋肉によって支えられていますので、バストアップをしたい人は大胸筋を意識して鍛えると良いでしょう。筋肉がついてしまってバストサイズがしぼんでしまうという心配はご無用。むしろ筋肉をつけることで垂れ下がるのを予防できます。

ただし、胸の付近は心臓があるために施術する際には注意が必要な部位でもあります。使用時には注意をしてくださいね。

お腹

お腹も効果が出やすい部位。厚い筋肉に覆われているためです。お腹まわりについている広範囲の筋肉を鍛えることでウエストが引き締まりますし、代謝がアップして体温も高くなる効果が期待できます。

太もも

太ももにも大腿四頭筋という非常に大きな筋肉がありますので、EMSが威力をはっきする部位。太ももの部分やせをしたいと考えていても、運動で落とすのは非常に難しい部位でもあります。EMSなら、太ももにも効率よくアプローチ可能です。

EMSの種類

EMSは周波数によって3種類に分けられます。この周波数によって鍛えられる筋肉が変わりますので、どの周波数の機器を選ぶかは重要なポイント。ちなみにエステなどで使われている業務用EMSは、さまざまな周波数での施術が可能となっています。

低周波EMS

1,000Hzまでの周波数を使い筋肉に働きかけるもので、アウターマッスルのトレーニングに使われます。筋トレ目的の人はこの周波数のものを選ぶと良いでしょう。

施術中にはブルブルとした感覚があります。人によっては施術時に痛みを感じることがあるため、敏感肌や乾燥肌の人は注意が必要。

高周波EMS

3,000〜50,000Hzの周波数を使い筋肉に働きかけるもので、インナーマッスルまで効果的にアプローチが可能です。また、低周波EMSに比べて刺激を感じにくいのも特徴。

ただし、高周波を出力できる機器は高価な傾向があるため、スポーツ施設などに設置されていることが多いです。

干渉波EMS

「干渉」とは2つ以上の波が影響しあって大きな力を起こすこと。干渉波EMSはこの働きを利用したもので、より広範囲の筋肉に働きかけられます。

EMSを受ける際の料金相場

EMSは横になるだけで痩せられる楽チンの施術法なので、痩せにくい方や、ダイエット&運動が苦手な方、セルライトが多い方にオススメです。

料金の相場は、18,000~25,500円と少々お高め。しかし、EMSは痩せにくい身体にしてくれるため、後々の事を考えればおトクな施術かもしれませんね。

EMSを体験できるセルライト除去コースのあるサロンもあるので、まずは試しに行ってみるのも一つの手段です。

EMSを使ったセルライトエステが受けられるサロン

自宅で手軽に行えるEMSマシンもありますが、やはりエステで使用されている業務用の機械の方が効果を期待できます。効果的にセルライトを撃退、スリムな身体を目指すならエステに行ってみるのが近道です。

スリムビューティハウス

スリムビューティハウスでは、現役アスリートたちも利用している本格的なEMSマシン「Mキューブウェーブ」を使用。骨盤周りの筋肉を引き締めながらケアし、溜まった脂肪の燃焼を促します。基礎代謝がアップし、余分な脂肪をもみほぐしてセルライトを除去。脂肪が燃焼しやすいカラダへとつながっていきます。

スリムビューティハウスのエステ体験談を見てみる>>

バイオエステBTB

BTBは国内専門メーカーと共同開発した「セルファイア」にEMSが搭載されています。これまでは「マシンで脂肪をローリング・吸引」+「ハンドテクニック」に「ラジオ波機能」をマッチングさせていました。それにEMS機能が加わることで、セルライト除去の効果が劇的にアップ。吸引力も増してメリハリボディを作りあげることが可能です。

バイオエステBTBのエステ体験談を見てみる>>

フェイバリックス

フェイバリックスは医療業界で使用される美容痩身マシーン「クロスシェイカーSV」にEMSが搭載されています。エステ業界の定番であるEMSで筋肉の「収縮」と「ゆるみ」を反復させ、シェイプアップすると同時に消えにくいセルライトも除去してくれます。振動高速マッサージと摩擦温熱で代謝アップの効果も。ほかの痩身トリートメントとの相乗効果も期待できます。

フェイバリックスのエステ体験談を見てみる>>

ミス・パリ

ミスパリで使用しているEMSは、縦・横・斜めの3方向から筋肉を刺激し、脂肪を燃焼させてほぐすことでセルライトを改善。頑固なセルライトにもアプローチし、美しいボディラインに整えてくれます。EMSは引き締め効果を目的とした「パワフル20」のコースにも使用され、筋肉を鍛えながらバストアップやヒップアップを目指すことが可能です。

ミス・パリのエステ体験談を見てみる>>

ラ・パルレ

ラ・パルレのEMSはきれいなボディライン作りに効果的な有酸素運動と筋肉を強化できます。気になる部分を引き締めながら基礎代謝アップを図り、リバウンドしにくいボディに。微弱の電流が直接筋肉を刺激し、セルライトも改善してくれます。骨盤周りの筋肉の引き締めを目的として使用すれば、インナーマッスルを鍛えるのにも効果的です。

ラ・パルレのエステ体験談を見てみる>>

EMSを体験したひとの口コミ

EMSを取り入れて、セルライトを撃退しよう!

この記事では、EMSについて紹介してきました。機器を貼り付けるだけで筋肉にアプローチできて、痩身効果が期待できる上に、憎きセルライトの除去にも威力を発揮してくれるので、ぜひ取り入れたいところ。ただし、運動も一緒に行うとさらに効果がアップしますので、余裕がある人は少しずつでもいいので運動も一緒に行うことをおすすめします。EMSを上手に使って、セルライトとサヨナラしましょう!

コンテンツ一覧
TOP