セルライトエステ体験料金で徹底比較

セルライトエステを受けるならどこがオススメ?大満足サロンを徹底調査

お尻&太ももにお悩みを抱えていた人生と決別して、
女としての自信をつけるために、セルライトエステを受けることを決意した私、
アイ(27歳独身)の体験エステはしご日記を公開。

体験コースの満足度で徹底比較

本当にスリムになれるセルライトエステ厳選サロンをチェック!

セルライトエステ体験レポート

なぜエステでセルライトを取ることができるの?

 ここでは、エステでのセルライト除去の方法や、プロに任せた方がいい理由について解説します。

セルフケアでセルライトは解消できる?

二の腕や太もも、お尻をつまむと皮膚の表面にできる凸凹、これはセルライトが溜まってしまっている証拠です。

これがあると血液の流れが悪くなり、新陳代謝も下がってしまいます。その結果、どんなダイエットを試しても効果がないという始末...。

エステに通いたいけど費用はかかるし、通う時間も確保しなければなりません。

だからといって、既にできてしまったセルライトをセルフケアで綺麗にしようとしている方は、ちょっと待って下さい!

一度できてしまったセルライトは、自己流のセルフケアではなかなか取れないのです。

それに、セルフケアでは取るのに時間がかかるし、あまり効果を感じらえなかったという人も多いのが現状…。

では、どうしてセルフケアでは効果がないのに、エステだとセルライトを取ることができるのでしょうか?

その違いを理解するためにも、エステではどのようにしてセルライトを取っているのか見ていきましょう。

エステで行なわれているセルライトの取り方

セルライトエステでは、リンパを重点的にケアするマッサージ方法が取り入れられています。

リンパは足の裏やふくらはぎ、太もも、お尻、お腹、二の腕など体全体にあり、老廃物を排出する大切な役割を持った器官です。

余分な脂肪や老廃物をリンパに集めて、セルライトを排出する方法を取り入れています。むやみやたらにマッサージしがちなセルフケアとは、根本的な考え方が違うのです。

どんなマッサージもそうですが、血液の流れを良くし、老廃物を排出しやすくする為には、リンパをケアすることが基本とされています。

一例として、痩身効果があるオイルやアロマを体に塗って、強めのマッサージをしていく方法が挙げられます。

体中に張り巡らされているリンパ管を刺激して、溜まった老廃物を流す効果があるので、肌荒れやむくみ、冷え症といった悩みが解消されると同時に、基礎代謝がアップするのです。

このマッサージ方法は、脂肪を流しだす目的として使われているので、脂肪そのものが減るということはありません。

ですが、マッサージを続けることで、脂肪が溜まりにくい体になります。

セルライトエステのリスク

セルライトエステで行われるマッサージは、強ければ強いほど効果があるということはありません。施術方法によっては、皮膚の腫れやたるみ、傷口を刺激するといった事態に繋がる恐れがあるのです。

中でも、多く見られるリスクについて解説します。

リスク1:内出血によるあざ

セルライトを除去するマッサージ方法によって、毛細血管が破れて皮下組織で血液が溜まってしまうケース。

これは、エステティシャンの技術不足や、内出血しやすい体質の人に見うけられるリスクといっても良いでしょう。

リスク2:揉み返し

強めのマッサージを受けると体の筋性防御によって筋肉が収縮し、痛みや倦怠感、筋肉痛と似たような症状を引き返します。それが揉み返しです。

揉み返しの原因には、エステティシャンの技術不足なども挙げられますが、老廃物が排出されている好転反応でもあるため、あまり深刻に受け止めなくてもいいでしょう。

痛みがある場合は、痛い部分を冷やすと効果的です。だるさの場合は、身体を温めた上で睡眠を十分に取って、体を回復させることが必要となります。

もし、施術中に痛みやあざなどを不具合が生じたら、遠慮なく店側に伝えるようにしてください。然るべき対応を施してもらうことで、症状悪化が防げます。

痛みを伴わなくてもセルライトは除去できる

セルライトエステは、決して安い費用で行えるものではありません。

そのため、美意識が強く、セルライトを除去したい気持ちが強い方ほど痛みを我慢してしまう傾向があるようです。

このような状態では体に負担がかかってしまい、逆効果になってしまう恐れがあります。

痛みを伴うマッサージが、正しいセルライトの取り方ではないことを理解した上で、施術中に痛みを感じた時は必ず担当スタッフに申し出てください。

コンテンツ一覧
TOP